優良企業の紹介・依頼・見積りサービスの武蔵野ビジネスマッチング[武蔵野経営サポート会員限定]

menu

mypage

カテゴリーから探す

新着サービス情報

  • この企業の詳細を見る
    2018.08.30 19:21:25

    ●【商品説明】 ・吉川充秀による合同説明会の手法を大公開!実際に吉川が使用したスライドデータ、  テキストデータ、レジュメデータが特典で付いてきます。 ●【商品情報】 ・撮影日 :2017年 3月17日 ・収録時間:22分 ・DVD1枚 ・スライドデータ(パワーポイントpptx)でお送りします。 ・テキストデータ ・レジュメデータ ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 立ち見ができる合同説明会DVD発売にあたって                                 株式会社プリマベーラ 代表取締役 吉川充秀 私たちの会社も、2007年から新卒採用を開始して11年になります。今想うと2007年は、リクナビやマイナビなどのナビをつくって、WEBのDMを送ると毎回の会社説明会が私たちのような無名の地方の群馬県の中小企業でも数十人単位で着席がありました。それが、毎年新卒採用環境は厳しくなり、以前のようなナビを中心とした集客では、学生が集まらなくなりました。そこで、私たちの会社も数年前から地方の会場で合同説明会に参加し、そこから学生を単独説明会に引き込むという方法をとるようになりました。 合同説明会の会場にいくと、地方の上場企業、大手企業から、私たちのようにまだ小さな無名の中小企業までたくさんの会社があります。そこで見比べたときに、私たちの武器は何か?と考えたとき、一つしかありませんでした。それは、 社長が合同説明会に参加をして社長自らプレゼンをしている、ということでした。 そこで、合同説明会ではなばなしく 「社長登場」とか「創業社長が学生に直接話をします」というキャッチで、全く寄る気もなかった学生たちをそれなりに引き込むことができました。 ところが、当時は、合同説明会で何を話すかを漠然としか考えておらず、社長自ら熱く語れば学生をひきつけられるだろうと想って、私たちがやっている事業や、ビジョンやその想いをあつく語っていました。 が、それだとなかなか「学生が寄ってこない」そして、着席しても最後までいてくれない、途中で席を立ってしまう。そして「別に興味ないんだけど・・・」というようなあからさまに真剣に聞く気のない学生ばかりのありさま・・・。 これは、なんとかせねばと想い、周りの合同説明会で各企業、とくに人事担当の人がしている話を聞きに行きました。なにかヒントがないかと。そこで気付いたのは、 各企業は、自分の会社の概要、事業内容、ビジョン、どんな人に来て欲しいかなど、まさに単独の会社説明会でやる内容のダイジェスト版のような話をしているところがほとんど9割以上だということに気付きました。 そこで、ある時学生たちに聞きました。 「今日いろんな企業にいって、どうだった?話面白かったところあった?」と聞くとほとんど手が上がらないのです。そこで気付きました。 「そうか、学生さんは、同じような話をあちこちの企業に行って聞いてきて、辟易(へきえき)としているんだ。だったら、違う話をして、インパクトを残して、あの会社が気になる!そんな会社になればいいんだ。」と。 合同説明会は大体4時間ほどです。そして一社20分から30分のプレゼンなので、学生は、大体一日に6社か7社くらいを平均して回ります。私は決めました。 「その7社のうち、一番面白くて強烈なインパクトを残して、何の会社がよくわからないけど、次の説明会にまた行ってみたい」そういう話をしようと。 そして、作っては学生の反応を見、また修正しては学生の反応を見、PDCAを回してできあがったのが、この合同説明会の学生へのお話です。たった20分か25分のお話ですが、この一言一言すべてを実は「科学して」できあがっています。反応がよかったものを残し、反応が悪かったものは捨てて、進化改善を続けながらできあがったのが 「学生が聞いて面白くて、学生が役に立つ話」です。 私自身が話し手として決めていることがあります。 1 面白いこと 2 役に立つこと これ以外は話さない。するとどんな話も成功します。だって、相手にとって面白いか役に立つことであれば、相手にとって充実した時間になるからです。 どんな話の内容か? それはぜひDVDをご覧ください。ちなみに、武蔵野の経営サポート会員企業の社長でしたら、皆さんそのままマネいただける内容です。あとは、社長自身、あるいは人事担当者の方がどれくらい楽しくこのお話をできるかです。そこで決まります。一度の合同説明会、私たちはこの話を大体7回か8回繰り返します。おかげさまで、無名の私たちの会社も立ち見続出、満員御礼状態です。200社ある合同企業説明会参加企業のうち、並み居る有名企業のなかで、人気第三位とか第五位以内に入れたりします。そして、学生が学生を呼んでくることもあります。 「あの社長の話、めっちゃ面白いし、役に立つから行ってみな」と。 そして、アンケートを見ると書いてあるのがおもに二つ。 「社長の話が面白くてあっという間でした。」 「社長の話が今後の就活で役に立つ内容でよかった。」 まさに、「面白い」か「役に立つ」、そのままドハマリです。 その後、プリマベーラの単独説明会に来る人のほとんどは、この合同説明会を経由して来ています。 「どうしてプリマベーラの単独説明会にきたの?」というと 「なんか面白そうだから」「なんか楽しそうだから」 「社長の話の続きの話が気になって・・・」 こうやって単独説明会に引っ張ってこれると最高です。プリマベーラにちょっと片思いをしてくれていますから。 さて、実はこのDVDの中には、3分間プレゼンバージョンというのがあります。違ったバージョンの合同説明会で、3分間自社をプレゼンして、その後気になった学生が自分たちのブースに来てくれるというものです。この3分間で相手の心をどうつかむか。これも、研究に研究を重ねて3分間の一言もムダのない、そして面白い、そして、ついつい気になってしまう、そんなプレゼン内容を作ることができました。仮に15社が3分間プレゼンを行うとだいたいが、自社の会社概要の超コンパクトバージョンです。これも聞いてて面白くない(笑)なので私たちは、エッジの聞いた3分間プレゼンバージョンを作りました。このあと「プリマベーラのブースに行きたい」という学生がグーンと増えます。なぜなら「目立つ」からです。他社と違うからです。 これも、御社でもそのままマネして使える内容です。 合同説明会のポイントは、とにかくそこで「目立つ」ことです。マーケティングは、結局目立つプロセスなのです。どうやって目立つかを考える。合同説明会のブース作りも大事ですが、それよりも中身です。その中身で、どうやって学生を面白さでひきつけ、役に立つ話でひきつけ、次にまた行ってみたいと思わせるか。そこが合同説明会のカギです。 みなさんが、合同説明会で、学生をブースにたくさん引き込み、その中から自社にあった人財を見つけ、お互いがニコニコワクワクの最高の出会いになることを願ってやみません。 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ▼お申込みはこちら▼ https://team-prima.jp/k-sapo/shop/products/detail/5/ ■お問い合わせ・ご質問等、お気軽にお送りください。 ●CW prima_matsuda_t ●メール matsuda_t@giveandgive.net ●HP http://xn--evernote-tj4n1082a.com/ 担当:松田隆宏 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ■お問い合わせ ●株式会社 プリマベーラ Tel:0276-20-6728 Fax:0276-20-6729 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    株式会社プリマベーラ

  • この企業の詳細を見る
    2018.08.30 19:07:01

    ●【収録内容】 学生から選ばれる会社になるには? ■とにかく 目立つことが大事 ・話の内容を考えて目立つ ・社長が先頭に立って目立つ ■多くの会社さんとは違い逆バリを話す。 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 新卒合同説明会鉄板ネタ公開DVD発売にあたって                                    株式会社プリマベーラ 代表取締役 吉川充秀 毎年難しくなってきているのが採用です。とくに新卒採用。 学生が減り続け、企業が増え続け、完全な売り手市場。市場のなかで、弱者の私たち中小企業にとって採用は非常に不利な状況です。 その厳しい採用市場の中で、「学生から選ばれる会社」になるには、他の会社と同じことをしては選ばれません。 今までは、マイナビ・リクナビに出稿して、学生にメールを打って、その中から反響があった人に単独説明会に誘導。 こんな流れでしたが、ナビ経由で単独説明会に誘導するのは、中小企業にとっては、至難の業になってきました。 そこで、合同説明会に出展して、たくさんの学生と接点を持つことが必要になってきます。 ところが、この合同説明会。100社、200社、たくさんの会社が出展しています。 誰もが知る大企業から、地元では知らない人がいない有名企業、金融機関・・・。 この中でも私たち中小企業にとっては、厳しい壁が立ちはだかります。そんな中、この合同説明会では、とにかく「目立つ」ことが大事です。 まず一番簡単なのは、ブースを目立たせる。色を統一して、のぼり旗をつけたり、椅子にもカバーをかけたり、私たち社員も同じ色のはっぴを着たり。 数年前までは「これだけ目立てばうちが一番だ」というレベルに簡単になれましたが、最近では、各社のブースも、少しずつ「目立つブース作り」に励むようになってきて、目立ちずらくなってきました。 次なる目立ち方としては、社員がとにかく大声をはりあげる。 そして呼び込む。そして、合同説明会のルールギリギリまで、遠いブース前をフラフラしている学生に声かけしにいったり (私たちは遠洋漁業と呼んでいます)、学生が一休みするブースにいって、学生一人一人に声をかけて連れてきたり。 これは効果あります。私たちも人海戦術でめいっぱいの人数を投入して、「ハンター役(学生を狩ってくる人)」をつくって、学生ハントをさせます。 さて、三つ目の目立ち方は、社長です。社長が合同説明会で実際に話をしている会社はなかなかありません。 数十社に一社のレベルではないでしょうか。なので社長が先頭に立って、合説で話をする。そしてそれを学生にしっかり伝えることが必要です。 「当社では、社長が話します。」と。これは何よりの強みになります。 そして、私たちはここまで三つの目立ち方を採用コンサルタントの人たちと一緒につくってきましたが、最後の最後のだめ押しの目立ち方をもう一つつくってきました。 それが、四つ目の目立ち方、話の内容です。 多くの会社さんは、「自分たちが伝えたいこと」を伝えます。 私たちは、それを見ていて逆バリでいきました。 「学生たちが聞きたいこと」を話そうと。 それが、新卒採用合同説明会DVDの第一弾です。 私も昔は、「一般的な会社説明」をしていましたが、学生の反応も悪ければ、話をしている私もつまらない。 そこで、作り上げたのがこの「鉄板ネタ」です。 この話は、武蔵野さんで学んでいる会社さんだったら話せる鉄板ネタです。それを苦節10年の新卒採用活動のなかで、紡ぎ上げてきました。 この話の内容は、「合同説明会「合同説明会の手法」DVD」をご覧いただくとして、 今回のDVDでは、この合同説明会から、単独説明会についつい来たくなる「とっておきのお話」を披露させていただきます。 合説に学生がきます。話を聞きます。社長の話を聞いて、 「なんだこの会社は!面白い!」とか「この社長の話は役に立つ!」そんな声ばかりが集まります。 何の会社かわからなくていい(笑)とにかく「面白そう」と思ってもらえる、そんなお話をすることが大切です。 他の出展している企業と土俵を変えるのです。彼らは業種・規模・待遇・働く人推しで、学生への魅了付けをしています。 私たちは、ただ一つ「面白そう」「楽しそう」という期待感醸成をしているわけです。 さて、その期待感をさらにかきたてる話があります。 それが、「LTEと3G」のお話。 この話は、学生が求める人生の目的・生き方系の自己啓発の話を、どんな就職先を選ぶといいのかという話にからめて、これまたわかりやすく面白く、学生さんにひびきやすい、そして、「忘れにくい」話をしています。 合同説明会から、「LTEと3G」の話に引っ張りましょう。 「うわあ、この会社面白そう」と学生が盛り上がったところで、合説は時間オーバーです。20分ほどしか話せませんから。 ところが、ちょうどもう一つ用意していたネタがある。そのCMだけをするのです。そして、そのCMを見て、学生が「単独説明会に行きたくなる」仕掛けをつくるのです。 それが、このLTEと3Gのお話。 お客様が、「この商品を買うかどうするか」を決める心理の動きがあります。 1 認知→まず知ってもらう 2 興味→面白そうとか興味を持ってもらう 3 行動→買ってもらう、合説では申込してもらう です。 3にいくには、2を十分に上げる必要があります。 新卒説明会でいうと 1は合説で、とにかく目立つ。 2は、社長がいて、社長が面白くて役立つ話をする、の部分が当たります。さて、この興味のレベルがあがると、学生はますます来たくなります。 その興味をあおるのがこの、新卒合同説明会のLTEと3Gのお話です。そして、この話を予告しておくのです。 「次回、単独説明会にきたら、こんな話をするよ。そして、これを聞かないと、はっきり言って一生を損します。聞きたい??はい、申込してね」と。 同時に、このLTEと3Gの話は、「こんな会社で働きたい」と思ってもらえるような会社を創ろうとしていることのアピールになります。志望動機をこれまたあげることができるわけです。 ぜひ、このお話を聞いてピンときた人は、ぱくって合説や単独説明会で使ってみてください。受けること受け合いです。 さて、それからこのDVDには、おまけで、少数の会社による学生へのプレゼン説明会用のプリマベーラの実例が入っています。 5分、7分で「この会社を受けてみたい」と思わせる自社の説明を面白おかしく伝えています。 これも、出展している6社のなかから「話の内容」でプリマベーラを一番人気にしてきた、本物のお話です。 どうしたら、目立てるか、そして強烈なインパクトを残せるか、それを考えに考えてつくりあげた7分スピーチもぜひご覧ください。 そして、エッセンスはそのままに具体例だけをかえていくと、御社のプレゼンにそのまま応用できます。 武蔵野の小山昇社長がおっしゃるように、今後は販売戦略が巧みな会社が勝つのではない、「人材戦略」が巧みな会社がきっと残ることでしょう。 その一つの「話し方、話の内容」については徹底的に科学してきました。その成功事例をお聞きいただければと思います。 また、私から 「どうしてこういう話をしているのか」 「どうしてこういう表現をしているのか」という具体的な解説もあります。それがわかると、御社でさらに応用しやすくなってきます。 皆さんの新卒採用がうまくいって、皆さんの会社が 「人材戦略の巧みな会社」の一つになることを願ってやみません。皆さんの健闘をお祈りしています♪ ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ▼お申込みはこちら▼ https://team-prima.jp/k-sapo/shop/products/detail/5/ ■お問い合わせ・ご質問等、お気軽にお送りください。 ●CW prima_matsuda_t ●メール matsuda_t@giveandgive.net ●HP http://xn--evernote-tj4n1082a.com/ 担当:松田隆宏 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ■お問い合わせ ●株式会社 プリマベーラ Tel:0276-20-6728 Fax:0276-20-6729 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    株式会社プリマベーラ

  • この企業の詳細を見る
    2018.08.30 18:55:18

    ●【収録内容】 ・EVERNOTEと「EG」、「利き脳」で判るEVERNOTEの使い方とは? ・EVERNOTEとチャットワーク、INBOXを更に活用する方法とは? ・読書を血肉に変えるEVERNOTE読書術とは? ・プロジェクトノートブックの価値を10倍に上げる「EVERNOTEマインドマップ術」とは? ・日次、週次、月次、年次レビューのやり方  など、成果の出る活用方法満載です! ●【商品説明】  株式会社プリマベーラ代表・吉川充秀による2016年度版EVERNOTEセミナーを収録したDVDです。  EVERNOTE経営を始めてから丸5年、使い倒したからこそわかるEVERNOTEの「守破離」とは? ●【商品情報】 ・撮影日 :2016年 8月 8日 ・収録時間:201分 ・DVD2枚組 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ EVERNOTE経営2016年版のDVD発売にあたって                                   株式会社プリマベーラ 代表取締役 吉川充秀 EVERNOTEを経営に活かしだしたのが、2010年、それからノウハウを自己流に積み上げ2012年にその「メソッド」が形になり、その年からEVERNOTE経営セミナーを、たくさんの経営者や幹部の皆さんにお話をしてきました。それも2014年で一度ストップ。セミナー事業は、小休止して本業に専念しようということで、本業に回帰をしておりました。さて、その間、実はこんな時期ほど、EVERNOTE経営は進化していきます。セミナーで教えている時は、教えることに夢中で、新たなひらめきが実は減ります。ところが、セミナーをいったん離れて仕事をすると、 「EVERNOTEってこんな活用もできるよね」 「EVERNOTEとこれとこれをミックスすると、こんな仕事術にもなるよね」という気付きがたくさん出てきました。 さて、どんなEVERNOTEの仕事術を、実はプリマベーラの幹部には、口頭で、教えて欲しい人だけにチョコチョコ教えていました。すると、 「吉川さん、こんな技があるんですか?」 「この仕事のやり方をやったら、今までの仕事のやり方には戻れないですね・・・」 「これ、やばくないですか?あんまり人に教えたくないですね、この技は・・・」 そんな反響が出るような仕事術の数々を、一子相伝かのように我が社の部下に教えてきました。でも、そんな時に思います。 「もし、今自分が死んだら後悔しないか?」と。こうやって生を受けている以上、大げさかもしれませんが、人類の進化発展に何かしらお役に立つことを残して死なないと・・・。そう想いたち、このノウハウを映像としてDVDに残しました。それが、EVERNOTEセミナー2016です。 このDVDの中では、まず「EVERNOTEと業績の関係」についての私の客観的考察をお伝えしています。そもそもEVERNOTEを導入して、成果が出るのか?という究極の問いから、この数年にかけて、私の社長としての興味の範囲の変遷とそれに伴うEVERNOTEのノートブックの作り方の変遷をお伝えしています。EVERNOTEについて、長期的にこのようなノートブックの作り方で説明できるのは、EVERNOTEを使い倒してきたからこそできることです。 そして、私たちの会社の業績アップ方程式の一つである、会社の業績=戦略確率×実行確率×ビジネスモデル確率という方程式を解説し、その一つ一つの精度をいかに上げるか、その「ノートブックの作り方」を、実際の吉川のノートブック例で社長のリアルな生の具体的な仕事のやり方の「形」をお見せしています。 ある社長が先輩社長からこう言われたとします。 「まず、あなたは、今の段階では、マネジメントに力を入れなさい。」と。それでは、マネジメントに力を入れるとは?それが非常に多岐に渡っていて、なかなか難しい。ところが、もしこの社長が、EVERNOTEを使っていたら簡単です。そのマネジメントのノートブックを具体的に「これとこれとこれをつくって、このなかに情報をいれて、この情報から決定して、それを活かしていけばいい」のだと気づけるからです。いたってシンプルです。EVERNOTE経営では、頭の中で思っていること、教わったことなどを、はっきりと「形」にできるのです。私も「仕組み化マニア」としていろんな仕組みを作ってきましたが、仕組みとは「形にできるもの」だと思っています。どうやって形にするか、EVERNOTE経営では、形にしやすい。ここが、私が8年間EVERNOTEを使って手放せない理由の大きな一つです。 そして、EVERNOTEを使うとなぜ人が成長するのかということについて、私なりの体験に基づいた持論を展開しています。EVERNOTEを使う理由はたくさんありますが、EVERNOTEを使うとざくっとこんな効果があります。 ●社長、幹部の「視点」を引き上げる ●膨大な情報をさばける ●本質を見抜く訓練になる ●人為的・意図的に脳を作る ●決定プロセスの可視化、共有化 この一つ一つの説明は、ぜひEVERNOTEセミナーを聞いて見てください。このEVERNOTEで仕事をするプロセスの中で、恐ろしいかな、自然とこの効果がついてきます。それには、情報をEVERNOTEに一括で収集して、その情報を整理整頓をして、それを活用するという基本プロセスをしっかり踏むことです。そして、これが「仕事の型」になるとどんなに楽なことか!とくに感覚で仕事をしていた創業社長から、会社を引き継いだ二代目社長、大変です。先代の社長が、感覚だと暗黙知で、なかなか形式知にならないからです。ところが、このEVERNOTE経営は、その暗黙知を「形式知」にかえて、「形」になるのです。できる人の決定、実施プロセスを誰もがこの通りやればシステマチックにできる、それがEVERNOTEの仕事術の素晴らしいところです。 さて、EVERNOTE2016では、EVERNOTEを使ったいろんな技を皆さんにお伝えしています。EVERNOTEを使うと魔法のホットキーの二つを駆使して情報収集が劇的に楽になります。が、さらに情報収集のレベルを上げるために、いくつもの技を公開しています。 ●情報収集するならこのマウスをこう使え、劇的に生産性が上がる奇跡のマウスとは? ●情報を分類するときに「メモ」と「ノート」に二分しよう。その「ノート」の意味とは? ●音声活用でここまでできる、EVERNOTE音声活用術とは! そして、EVERNOTEでは、集めてきた情報をいったんinboxという受け皿に全部入れます。Inboxに入れたあとの情報の仕分けをどうするのか?そこがポイントです。この仕分けにも、理論と実践があります。「こんな考えに基づき分けると仕分けしやすい」という理論から、「こんなノートブックを作るといい」とか「ショートカットはこう使うと便利とか」明日からできる情報処理技がたくさん。実際の本編のDVDでお伝えしているいくつかの事例は、こんな内容です。 ●EVERNOTEのプロジェクト管理 EVERNOTEのなかで、複雑なプロジェクトを管理する方法とは? ●ショートカットを活用する ノートブックが増えすぎて大変、そんなときに使えるショートカットとその裏技とは? ●戒めノートブックとデイリータスクで人格を変える EVERNOTEは成果を出すだけでなく何ごとにも使えます。その一つが人格形成。その人格形成を形から入り心に至らせる方法とは? そして、仕分けした情報を最後にどう活用するのか?この活用で、ようやく情報が成果をもたらします。この情報活用技を二つ本編から抜粋してみましょう。 ●デジタルとアナログの使い分け デジタルだけでやるのはナンセンスです。デジタルのいいところ、アナログのいいところ、そこの使い分けをどのバランスでやるのか。吉川がたどりついた結論とは? ●タスクノート活用 私たちの会社の社員が使っている共通の道具がタスクノート。このタスクノートとはどんなものなのか?たった1冊70円で、社員の実行確率が飛躍的に上がるタスクノートの活用術とは? さて、EVERNOTEは、実は「メンテナンス」が大事です。EVERNOTE自体は情報のシステムなので、このシステムを俯瞰して、いらない情報を捨てたり、ノートブックを消したり統合したりします。これを「レビュー」を言います。そのやり方を細かく解説したのは、今回がはじめてかもしれません。このやり方でやると、成果が出て、やりもれが減ります。そして、さらに頭のなかがスッキリしていくのがわかるでしょう。 そして、EVERNOTE活用術。 このなかで、私が劇的に成果、効率を上げている方法をいくつか紹介しています。タイトルだけお知らせすると、 ●EVERNOTE面談術 ●EVERNOTEブレーンストーミング術 ●EVERNOTE読書術~アナログ編~ ●EVERNOTE読書術~デジタル編~ ●戒めデイリータスク術 ●EVERNOTEマインドマップ活用術 普段、社長や幹部の皆さんがやっていることをEVERNOTEでやるとこれだけ上手にできて、成果も出て、形になっていきますというのを、具体的な操作と解説で説明しています。 このなかのいくつかは、お金を積まれても教えたくない奥義でしたが、公開することにしました。このどれか一つで、社長の皆さんならこのDVDの元は取れると思います。 また、最後におまけとして、「EVERNOTEでよく聞かれる質問に答える」というコーナーがあります。Q&A型式でお答えしています。こんな質問が13問。EVERNOTEの可能性をさらに理解できるように、皆さんがなってくると思います。 ●アイディア発想のためのノートブックの作り方を教えてください。 ●アイディアを形にする方法は? ●プロジェクトノートブックの実際の運用は? ●本質をつかめるようになるには? さて、EVERNOTEと出会ってなければ、今の私もありません。今の会社の成果もありません。EVERNOTEを使っていくうちに、情報の取り扱い方がわかり、情報をどう取り扱うと成果につながるかがわかり、それにつれて本質を見極める力が増し、決定や実施、チェックの精度も上がり、経営の仕組み化が進み、自由時間も増え(笑)、経営者人生を満喫しています。 皆さんが、EVERNOTEの可能性を感じて、EVERNOTEを使い倒すことで、人生が経営が素晴らしい方向に変わっていくことを願ってやみません。このDVDがそんな一助になれば幸いです。 今回のこのEVERNOTEセミナー2016のDVDはこんな人にオススメです。 「吉川のEVERNOTEのセミナーを見て、最初はやっていたけど、途中でやめてしまった。またやりたいと思ってたけど、そのきっかけがない。」 「EVERNOTEは、一通り使っているが、メモ程度しか使ってない。でも、使い方によっては、いろんなことができるんだろうなあ。」と感じている社長。まずは、EVERNOTE経営塾のDVDの1と2を見て、それからこのセミナーを見られると理解がグググと増します。EVERNOTEを使いたくてウズウズすることでしょう(笑) 「EVERNOTEを使って、それなりに成果がでている。でも、たくさんの機能を含め、使い倒しているとは言いがたい。それを実践的に教えてくれる教材はないか?」と思っている方。 「自分がEVERNOTEをマスターして、社員や部下にも教えたい。」と思っている方。ぜひ購入して社内の勉強会でご活用ください。 皆さんの経営がEVERNOTEでさらに素晴らしいものになることを祈っています。 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ▼お申込みはこちら▼ https://team-prima.jp/k-sapo/shop/products/detail/3/ ■お問い合わせ・ご質問等、お気軽にお送りください。 ●CW prima_matsuda_t ●メール matsuda_t@giveandgive.net ●HP http://xn--evernote-tj4n1082a.com/ 担当:松田隆宏 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ■お問い合わせ ●株式会社 プリマベーラ Tel:0276-20-6728 Fax:0276-20-6729 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    株式会社プリマベーラ

  • この企業の詳細を見る
    2018.08.30 17:55:52

    ■【商品説明】 第1講から第4講まで用途に合わせてご購入いただけます。 ●【第1講 情報収集、情報処理、EVERNOTE理論編】 ▶第1講のご購入はこちらから◀ こんな方へおすすめ! ・EVERNOTEをダウンロードしたけど今イチ使い方がわからない。 ・膨大な情報の山に埋もれて、情報をどう処理していいかわからない。 ・デスクの上の書類、パソコンの中がぐちゃぐちゃでブツブツイライラ。 ・社長になったけど、社長としての仕事のスタイルがわからない。 ・今の経営スタイルに「革命」を起こしたい。 ●【第2講 情報活用&EVERNOTE実践編】 ▶第2講のご購入はこちらから◀ ・EVERNOTEのノートブックの分け方と実際の業務での活用方法をいくつもご紹介します。 ・情報のマネジメントスピードに革命を起こす“チャットワーク”の革新的な使い方をご紹介します。 ・現場から情報を集める仕組み「社内ブログ」の活用方法をお伝えします。 ・EVERNOTE・社内ブログ・チャットワークを使用しての情報収集・処理・活用の一連のプロセスをご紹介します。 ●【第3講 実践応用編】 ▶第3講のご購入はこちらから◀ 裏技教えます!EVERNOTE活用術のオンパレード!「こんな使い方をしています」という実践ノウハウを公開。 EVERNOTE情報活用応用編、ノートの取り扱い方をご紹介実践的な技をご紹介します。 EVERNOTEとチャットワーク、グーグルアップスの連携でこんなことも出来ます、という弊社の活用事例をご紹介します。 ●【第4講 グーグルアップス活用編】 ▶第4講のご購入はこちらから◀ こんな方へおすすめ! ・グーグルアップスって気になるけど、どんなことができるのかよくわからない方 ・グーグルアップスを一度やってみたものの、Gメールだけしか使ってない方 ・グーグルアップスを個人的には使っているけど全社導入できていない方 ・カレンダー、ドキュメントをどのように使えば組織として活用できるか知りたい方 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 目からウロコの社長・経営幹部のためのEVERNOTE 経営塾のテーマ&講座内容                             株式会社プリマベーラ 代表取締役 吉川充秀 ~EVERNOTE で経営が変わる、人生が変わる~ 社長のための EVERNOTE経営塾を開催するにあたって 株式会社プリマベーラの代表取締役の吉川充秀です。 EVERNOTE 経営塾を開催するにあたっての経緯を少しだけお話させてください。 ■我が社の自慢の「スピード」と「仕組」の要が EVERNOTE です。 2012 年の 7 月の経営計画発表会で、金融機関さんの前でこんなたんかを切りました。 「毎日社内ブログを使って、現場の社員、アルバイトから情報収集をし、 夜中の 2 時にブログを上げたスタッフの声を翌朝 6 時に社長が目を通し、 それをマニュアルやチェックリストの変更をすることを電子上で決定し、 朝 10 時には会社のマニュアルが変わっている。 そんなスピード経営と仕組化を今期も実行します」と。その後、銀行訪問をすると 「すごいスピードですね」と各金融機関さんから目を丸くされました。 各社の社長さんからもたまに褒められます。 「プリマベーラさんははやいですね」「どうしてそんなに早いのですか?」と時々聞かれます。 いくつか理由がありますが、スピード経営と仕組化を可能にしているものの一つが、EVERNOTE を中心とした情報のマネジメントシステムです。 ■効率的かつ効果的に情報と行動を管理できるツールが EVERNOTE経営に関する情報は膨大です。 毎日のように、メール、WEB ページ、新聞、雑誌、本、社員からの口頭の情報、写真、 PDF ファイル・・・など職位が上がれば上がるほど、取り扱う情報は多くなります。 とくに社長ともなると一般社員の比ではありません。その膨大な情報に振り回されずに、社長としていかに迅速に「意思決定」をしていくのか。これにも、EVERNOTE を使うと、非常に効率的にかつ効果的に情報収集から意思決定までができます。私は、経営に関するあらゆる情報を EVERNOTE に吸い上げ、それをしかるべきルールで振り分けをします。すぐに行動するもの、幹部とやりとりをしてから決めるもの、店舗で必ず実行してほしいもの・・・ などと明確に分けて、それを一つ一つに決定を下し、あとは粛々と実行をしていきます。 そのおかげで、現在5事業部、8 業態、28店舗、31拠点の運営をして、全事業部の「事業部長」としてその事業のかなり細部まで突っ込んでタッチをしていますが、事業部長兼社長として問題なくまわしております。 また、おかげさまで 4 期連続の増収増益を果たし、13 年 6月期にはおかげさまで、過去最高の業績になりそうです。EVERNOTE を使うまでは、私も試行錯誤を繰り返し、情報のマネジメント、やるべきことのマネジメント、部下のマネジメント業務に莫大な時間を費やしていました。 今では、この時間も大幅に圧縮され、空いた時間で海外・全国へのベンチマーキングや、こうした EVERNOTE 研修のレジュメを作ったりと好きなことをやっています。 ■EVERNOTE 経営塾を公開するに至った理由 私が、EVERNOTE と出会ったのは2年 8 ヶ月前です。学生のときから、メモ魔でノートオタクでした。社長になり数多くのセミナーにいってもメモ量は莫大で、他の社長さんに「売っていた」くらいです(笑) さぞかし有効活用しているだろうと思われていましたが、実は自分の莫大なメモ量に振り回されて本当に大事なことが埋没しするということが多々起こっていました。いかに情報を管理をするか、いろんな技を試した挙句、ある日であったのが EVERNOTE です。この EVERNOTE を知り、興奮をしました。それから約 2 年 8 ヶ月、「EVERNOTE オタク」としてEVERNOTEを使い倒して、EVERNOTE で上手に情報と仕事を管理をする方法を編み出してきました。2013 年6月現在のノートの数は 28000。数いる EVERNOTE ユーザーの中でも、世界有数の相当のEVERNOTE マニアと自負しています。ある時、知り合いの経営者に、私が活用している EVERNOTE 活用術の「一端」をお伝えしました。そうすると、「もっと知りたい」「もっと詳しく教えてくれ」とせがまれるようになりました。 武蔵野さんで会うたびに、多くの経営者に EVERNOTE プチセミナーをしているような状態になりました。 また、弊社の 4 グループ以上の部長職以上の幹部社員にはマンツーマンで EVERNOTE の活用術を伝えました。 これにより「健脳状態になりました」 「このノウハウは売ったほうがいいのではないでしょうか?」 「毎日やるべきことが明確になった」 「自分の仕事の型(スタイル)ができるようになった」 そんな声が上がってきています。 そして社内でも3グループ以上の店長職に EVERNOTE と GTD のセミナーをやったところ、大反響でした。 「今後、本当に健脳になれそうです!」とか 「このセミナーの価値、一体いくらなんでしょう?これをタダで受けられる自分たちは幸せ者??」 「日本一の EVERNOTE の使い手の店長として今後頑張ります!」などの声が上がりました。 そこで「私がやっていること」「私の会社でやっていること」で成果 が上がったことを皆さんにお伝えしようと思いました。 正直に言うと、本当は 「このノウハウを出すのはもったいないなあ、教えたくないなあ」と思っています(苦笑) そのくらい、このノウハウは私にとっては、「企業秘密」です。 その企業秘密ですが、EVERNOTE を上手に使うことで、縁ある皆さんの社長の仕事のストレスが、 一つでも二つでも減り、そして成果につながれば、お役立ちになると思い、思い切って公開をすることにしました。 そのため、63000 円とセミナーの価格は高めの設定になっております。 高い価格設定にさせていただくことで、私も伝えるクオリティーを高くし、皆さんにも本気で実践をしていただきたい、そう思っております。 皆さんには EVERNOTE をつうじて、健脳を手に入れて、仕事に革命をもたらし、皆さんの経営に大きなお役立ちになることを願っています。それでは、当日、皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ▼お申込みはこちら▼ https://team-prima.jp/k-sapo/shop/products/list?category_id=9/ ■お問い合わせ・ご質問等、お気軽にお送りください。 ●CW prima_matsuda_t ●メール matsuda_t@giveandgive.net ●HP http://xn--evernote-tj4n1082a.com/ 担当:松田隆宏 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ■お問い合わせ ●株式会社 プリマベーラ Tel:0276-20-6728 Fax:0276-20-6729 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    株式会社プリマベーラ

お知らせ

武蔵野ビジネスマッチングの特徴

株式会社武蔵野が厳選した企業のみをご紹介

株式武蔵野が厳選した企業のみを掲載しています。単発の案件はもちろん、長期の案件でも安心して発注いただけます。

無料で見積り、発注依頼ができます

掲載企業様からの紹介料で運営しているため、ご利用にあたり費用は一切かかかりません。

お悩みごとはコンシェルジュが無料で承ります

やりたいこと、必要な物はあるけど「誰に相談したらいいか分からない」という方は武蔵野コンシェルジュよりお問合せ下さい。

今シェルジュに相談する